朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会/金正恩委員長が指導


朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会が10日、党中央委員会の本部会議室で行われた。金正恩委員長が、総会を指導した。(朝鮮中央通信)

【平壌1月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会が1月10日、党中央委員会の本部会議室で行われた。

朝鮮労働党総書記である敬愛する金正恩同志が、総会を指導した。

総会には、第8回党大会で選挙された党中央委員会の委員、委員候補が参加した。

党中央委員会の各部署と道・市・郡党委員会、省、中央機関の責任活動家がオブザーバーとして出席した。

党中央委員会第8期第1回総会では、朝鮮労働党総書記を首位とする党中央委員会政治局と政治局常務委員会を選挙した。

党中央委員会の書記を選挙し、書記局を組織した。

総会では、党中央軍事委員会を選挙し、改正された党規約に従って党中央検査委員会の選挙を行った。

党中央委員会の各部長と党中央委員会機関紙「労働新聞」の責任主筆を任命した。

朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会が10日、党中央委員会の本部会議室で行われた。金正恩委員長が、総会を指導した。(朝鮮中央通信)

総会ではまた、党内に新しい規律監督体系を設けることに関する議題を重要に研究、討議した。

敬愛する金正恩同志は、規律を強化するのは革命の参謀部である党が自己の指導力と戦闘力を発揮するための先決条件になると述べ、党内に党規約と党政策を厳格に履行する強い規律を立て、権柄と官僚主義、不正腐敗の傾向を根絶するには規律監督体系を新しく確立しなければならないと言明した。

敬愛する金正恩同志は、今回の第8回党大会で党中央検査委員会の権能を高めるようにしたのは全党に厳格な規律と革命的紀綱を確立してわが党を革命を行う党、闘う党、前進する党にいっそう強化するのに重要な目的があると強調した。

党中央検査委員会が党内に中央集権的規律をいっそう強く立て、中央の唯一的指導の実現を阻害する党規律違反行為と権柄、官僚主義、不正腐敗、権勢、専横をはじめとする一切の行為を監督、調査して党規律問題を審議し、苦情の申し立て・請願を処理し、党の財政管理活動を検査するように任務を新しく規制したことについて明らかにした。

総会は、党中央検査委員会の権能を高め、党内の規律を強化するための監督・調査活動を専門に受け持つようにしたことに合わせて、その実現を保証する機構的対策として執行部署を設けることを決定した。

党中央委員会から道・市・郡党委員会に至るまで、党規律問題を専任する部署が設けられて活動を始めれば、党組織規律に違背したり挑戦し、規約と職能に違反する傾向と革命的党風を濁らせるあらゆる傾向が多く抑止されるようになると総会は分析した。

敬愛する金正恩同志は、党規律監督活動を受け持つ部署が堅持すべき活動原則と方法、基本課題を明示し、国家規律と法執行において改善をもたらすための党の指導も強化して党と国家の規律を確立する活動を統一的に、同時に推し進めることについて言明した。

敬愛する金正恩同志は、規律違反問題と苦情の申し立て・請願問題の処理にあたって、常に党と革命の利益の見地から、党と大衆の一心団結を防衛し、しっかり固める見地から活動を企画し、展開していくことについて重要に強調した。

第8回党大会を契機に、党内に規律を確立する活動を実際に監督、統制することのできる新しい機構体系、活動体系が樹立されて、第8期党中央委員会が全党的な規律強化のための活動を強力に展開することのできる有意義な始点、転換点がもたらされた。

敬愛する金正恩同志の指導の下に行われた党中央委員会第8期第1回総会は、党と革命に提起された重大な闘争路線と戦略的・戦術的方針を貫徹するための活動を巧みに策定して導くことのできる確固たる保証をもたらし、全党に鉄の規律と革命的党風を確立して朝鮮労働党の指導力と戦闘的機能を全面的に強化する上で画期的な契機となる。

(朝鮮新報)

関連特集

【特集】朝鮮労働党第8回大会