朝鮮労働党総書記に推戴/朝鮮労働党第8回大会第6日会議


偉大な朝鮮労働党の強化、発展と聖なるチュチェ革命史に特筆すべき大きな政治的出来事

朝鮮労働党第8回大会の第6日会議が行われた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

【平壌1月11日発朝鮮中央通信】朝鮮式社会主義の勝利的前進方向を明示する朝鮮労働党第8回大会の報は、全党の数百万の党員と全国の人民に尊厳あるわが党の偉大な指導力と賢明さに対する大きな誇りを抱かせ、新しい信念と勇気を倍加している。

代表者の高い政治的自覚と積極的な参加熱意の中で1月10日、朝鮮労働党第8回大会の第6日会議が行われた。

朝鮮人民の全ての勝利と栄光の象徴であり、チュチェ革命の卓越した指導者である敬愛する金正恩同志が、幹部壇のメンバーと共に大会場に姿を現した。

大会では、第4の議案「朝鮮労働党中央指導機関の選挙」を討議した。

朝鮮労働党規約に従って、第7期党中央指導機関は自分の任期を終え、大会は第8期党中央指導機関の選挙を行った。

新しい闘争段階の党建設と革命事業の全般に責任を持ち、組織、指導する新しい中央指導機関を選挙する重大な問題の討議に入ることによって、大会場には厳粛かつ重々しい雰囲気が流れていた。

「朝鮮労働党中央指導機関の選挙細則」の当該の条項が伝えられ、党中央委員会の委員および委員候補の選挙手順を始めた。

党中央委員会の委員、委員候補の候補者に対する合理的な推薦方法が決定され、候補者の推薦と選挙が行われた。

大会執行部の委任によって、趙甬元代表が第8期中央委員会の委員候補者を提議した。

敬愛する金正恩同志を党中央委員会の委員候補者に提議する瞬間、全ての代表者は激情にかられた万歳を叫び、熱烈な拍手を送った。

提議された全ての候補者は、代表者の全員賛成で党中央委員会の委員候補者に推薦された。

代表者たちは、推薦された党中央委員会の委員候補者たちがわが党の革命思想でしっかり武装し、チュチェの革命偉業の最後の勝利のために生命を賭して闘う信念が確固としており、祖国と人民のために献身的に闘ってきた同志たちであると一様に認めた。

続いて大会は、推薦された党中央委員会の委員候補者に対する選挙を行った。

司会者がまず、全ての党員と党大会に参加した代表者の一様な意思と念願を込めて敬愛する金正恩同志を党中央委員会の委員にいただくことについて丁重に提議すると、全ての代表者は嵐のような「万歳!」の歓呼ととどろく拍手で全面的な支持、賛同を表した。

そして、代表証を取り上げて委員候補者に推薦された138人を党中央委員会の委員に選挙するのに賛成したし、全ての候補者が全会一致で選挙されたことに対して熱烈な拍手を送った。

大会は、党中央委員会の委員候補を選挙した。

代表者は、委員候補の数を可決し、推薦された111人の委員候補の候補者に対する審議を行った。

大会では、代表者の一致した賛成によって推薦された委員候補の候補者全員が党中央委員会の委員候補に選挙された。

大会は次の順に、栄光に輝く朝鮮労働党の強化、発展とチュチェの革命偉業の遂行において決定的意義を持つ最も重大かつ責任ある問題を討議した。

全ての代表者は、偉大なわが党を代表し、導く首班である朝鮮労働党総書記を選挙する最大重大事を控えて非常に高揚していた。

朝鮮労働党総書記の選挙に関連する提議を李日煥代表が述べた。

提議者は、革命の最高頭脳、指導の中心、団結の中心として領袖の地位を占め、人民大衆の革命偉業、社会主義偉業の遂行において決定的役割を果たす党の最高指導者を正しく推戴することが持つ大きな政治的意義について述べた。

また、領袖の偉大さはすなわち党の偉大さであり、国と民族の強大さであり、革命偉業の不敗性であるという哲理は朝鮮革命の聖なる歴史と長きにわたる世界革命的党建設史を通じて実証されたと述べ、偉大な金日成同志と偉大な金正日同志の革命偉業を立派に継承してわが党とチュチェ革命を卓越に導いてきた敬愛する金正恩同志の偉大さと希世の業績について強調した。

全ての代表者は、社会主義建設の新たな勝利に向けてより大きな歩みを踏み出すべき革命の継承期、発展期にわが党と人民を勝利と栄光の道へ力強く導く方はただ一人、敬愛する金正恩同志しかいないという厳然たる歴史の真実に一様に共感した。

提議者は、敬愛する金正恩同志を朝鮮労働党の首班としていただくのはわれわれの時代の厳かな要求であり、数百万の党員と人民の確固たる信念であると述べ、全党と全人民の総意を集めて金正恩同志を朝鮮労働党総書記に高く推戴することを本大会に丁重に提議した。

全ての代表者は、興奮した気持ちを禁じ得ず、場内を震撼させる熱狂的な拍手で全面的な支持、賛同を表した。

朝鮮労働党第8回大会は、金日成・金正日主義党の強化、発展とチュチェの革命偉業の新たな勝利的前進を成し遂げようとする全ての代表者と全党の党員、全国の人民と人民軍将兵の一致した意思と願いを反映して、金正恩同志を朝鮮労働党の総書記に高く推戴することに関する決定を全会一致で採択した。

瞬間、全ての参加者は天才的な思想的・理論的英知と非凡かつ特出した指導力、崇高な徳望で未曽有の壮大な変革と奇跡の時代を開いていく敬愛する金正恩同志を朝鮮労働党の首班として再び高くいただいた大きな感激と歓喜に溢れて嵐のような「万歳!」の歓呼の声を上げながら謹んで最大の栄光と最も熱烈な祝賀をささげた。

現代の最も傑出した政治指導者である敬愛する金正恩同志を朝鮮労働党の総書記に高くいただいたのは、わが党と人民が恵まれた幸運の中の幸運であり、この上ない大慶事であり、朝鮮式社会主義勝利の決定的保証をもたらし、明るい前途を約束する大きな政治的出来事となる。

会場には、限りなく噴出する烈火のような忠誠心を込めて代表者たちが上げる熱狂の歓呼の声がやまず長い間、続いた。

党中央委員会指導機関の選挙が終わった後、朝鮮労働党中央委員会第8期第1回総会が行われた。

敬愛する金正恩同志の委任によって、金才龍代表が党中央委員会第8期第1回総会の決定の内容を党大会に報告した。

党大会は、第8期中央委員会指導機関のメンバーで党大会決定書草案作成委員会を選挙した。

党大会決定書草案作成委員会は、党大会の報告に提示された課題を貫徹するための問題を研究、討議する代表者の部門別協議会を指導し、各協議会で提起された問題を総合的に審議し、決定書の草案を作成して党大会に提議する活動を行うことになる。

大会は、続く。

(朝鮮新報)

関連特集

【特集】朝鮮労働党第8回大会