鄭梨愛さんの作品が奨励賞に/VOCA展2021で


「アウトサイドな私」が受賞した意義

平面作品「Vision」。作品の両端には、祖父を看取る鄭さんの母親(左端)と、幼少期の母親を育てる祖母(右端)の姿がプリントされた。(以下写真はすべて本人提供)

作家・鄭梨愛さん(朝鮮大学校美術科非常勤講師)の作品が、若手作家たちの登竜門といわれるVOCA(ボカ)展2021で、準グランプリに値する奨励賞を受賞した。同展では、過去に朝鮮大学校美術科卒で鄭さんと同期の李晶玉さん(2020年)、鄭裕景さん(2019年)が同じく奨励賞を受賞しており、2人に続く快挙となった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ