〈大阪朝高ラグビー部、強豪校への足跡 4〉公式戦の門戸開放/険しく高い「花園」への道


905月、大阪朝高女子バレーボール部が、府高体連主催の春季大会の参加を一旦は認められ、1次予選を勝ちぬきながら、府高体連から突如「出場を許可したことはミス」だったとされた。これを発端に、「高体連加盟」「全国大会参加」を求める運動が同胞、広範な日本市民の協力のもと拡大していった。こうした世論を背景に、高校ラグビーでは91年から大阪府総体に限り、公式戦への参加資格が認められた。大阪朝高ラグビー部OBの高東民さん(4619期)が高3の頃だった。

91年4月、大阪朝高は府総体で初の公式戦に臨んだ(写真は初戦の対四四天王寺羽曳丘高等学校、36-0で勝利)

「指導者や選手、誰も経験したことがない公式戦の舞台で、右も左もわからない状況だった。とりあえずヘッドキャップから統一したものを揃えて、格好から入った。学校に多くのメディアも取材に来て、注目度も高かった」と高さんは振り返る。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい