〈学生支援緊急給付金問題〉歴史的実態、実績に即して交付を/朝大排除に大学教職員らが声明提出


在校生や学校関係者、識者らも異を唱え

11月30日、朝大生への公平な給付を求めた709人の大学教職員による声明などが文科省に提出された。

今年5月、新型コロナ関連支援策として感染症拡大の影響で経済的な困難を抱えている学生向けに日本政府が創設した「『学びの継続』のための学生支援緊急給付金」(以下、「学生支援緊急給付金」)の対象から朝鮮大学校が除外されていることと関連し11月30日、衆議院第1議員会館で立憲民主党主催の当事者ヒアリングが行われた。朝大生や同校教員、日本の大学教職員など識者らが参加。また同日、朝大生への公平な給付を求めた709人の大学教職員による声明などが文科省に提出された。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい