日本の人権侵害状況を非難/朝鮮外務省日本研究所


朝鮮外務省は20日、外国人に対する排他主義がまん延する日本の人権侵害状況を非難した。

朝鮮外務省日本研究所のミン・ギョンブ研究員は同日、同省ホームページに掲載した「日本特有の人権の実像」と題した記事で、「人間の真の権利が保障される社会、誰もが平等な権利を持つ社会で生きたいと思うのは、人類の大切な夢」だとしたうえで、「しかし、日本国内では未だに人間の普遍的な民主主義的自由と権利が保障されておらず、これにより日本は他民族に対する露骨で根強い憎悪と排他主義がまん延する人権不毛の地となっている」と指摘した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ