〈跳躍の5年/第7回党大会後の実績 2〉制裁の中で強化された経済の自立性


国内の技術・資源に基づく5カ年戦略遂行

朝鮮労働党第7回大会(2016.5)は、経済強国建設を党と国家が総力を集中しなければない「基本戦線」と定めた。朝鮮は政治・軍事強国の地位に就いたが、経済はあるべき水準に達していないという現実認識から出発し路線と政策を立てた。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


関連記事