〈跳躍の5年/第7回党大会後の実績 1〉主体的力量の強化、戦略国家の地位向上


より良い未来を開拓するための優先課題解決

朝鮮労働党第8回大会が2021年1月に招集される。第7回党大会から今日に至る5年間の国内外情勢、朝鮮の党と人民が成し遂げた成果を振り返る。(毎週火曜日掲載、全4回)

第7回党大会(2016.5)は過ぎ去った歳月を二つの側面から総括した。すなわち第6回党大会(1980.10.10)から第7回党大会に至る36年間は、△朝鮮労働党の長い歴史の中でいつになく厳しい闘争の時期であったが、同時に△偉大な転変を起こした栄光の勝利の年代でもあったということだ。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ


あわせて読みたい