〈特集・大阪朝高ラグビー部 7〉「花園」で暴れる姿を描き/逆境の中で期する選手たち


大阪朝高ラグビー部伝統の、臙脂(えんじ)と白の横縞が入ったファーストジャージ。選手たちは幼いころに憧れた先輩たちのように、このユニフォームを着て「花園」で活躍する姿を心に描いてきた。指導者たちも臙脂と白を身にまとう重みを選手たちに説いてきた。しかし、公式戦でこのユニフォームが与えられるのはメンバー入りした25人のみだ。

今年の公式戦で、怪我によって3年生で唯一ファーストジャージを着ることができていない選手がいる。フランカーの金慶祐選手だ。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ