独島領有権主張を非難/朝鮮中央通信論評


“変わらぬ再侵略の野望”

朝鮮中央通信は20日、論評を発表し、日本の国家公安委員長が、独島を日本の「固有の領土」と主張する資料が展示されている「領土・主権展示館」(東京千代田区)を訪れたことについて、「独島強奪企図を露骨にさらけ出した」とし「変わらぬ対朝鮮再侵略野望の発露として絶対に許せない」と非難した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ