防疫措置をさらに強化


第75回国連総会の期間に行われた非同盟運動外相会議で9日、朝鮮代表団団長が演説した。最初に話題にあげたのは新型コロナウイルス問題だった

▼団長は、地球上で悪性ウイルスを撲滅して人類を救うのは先送りすることのできない最も差し迫った問題だとし、これに効果的に対処するのはこんにち非同盟運動に提起された焦眉の課題であると述べた。また、世界的な悪性ウイルスとの闘争は各国が自国民の生命安全に責任をもって徹底した疫学的措置を取ってこそ成果を期待できると主張した

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ