高句麗壁画古墳を発掘/南浦市龍岡郡で


6世紀頃築造の四神図

朝鮮西部の南浦市龍岡郡恩徳地区で高句麗壁画古墳が新たに発掘された。朝鮮中央通信が17日に報じた。

龍岡郡で発掘された壁画古墳(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

古墳は龍岡郡恩徳地区の北の方の山腹に位置している。ここから西の方へ1・5キロ程離れた所には、世界遺産である龍岡大古墳と双柱古墳が分布している。

古墳は羨道と玄室から成る一間石室封土墳だ。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ