〈学美の世界 23〉子どもたちの表現の力/金洸秀


絵であったり、歌であったり、文字、ダンスなど、何かを表現するという大切なことを子どもたちに伝えていくことに少しプレッシャーがあるが、日々進化していく子どもたちの表現力には毎度のごとく驚かされるものが多い。

大好きな物を無我夢中に描く小学生たちや、少し大人に近づくにつれ複雑な思いや変化を描く中学生。いろいろな考えが確信に変わっていき強い思いを描く高校生。どんな作品も正直で、思ったこと、感じたことをありのまま画面に描く子どもたちの力はとても強く、その強い力の結晶(作品)が集まる学美という場所がとても大事な存在なのは言うまでもない。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ