〈広島無償化裁判〉学校の永遠のサポーターとして/学校保護者会・原告保護者が声明


国が朝鮮学校を無償化の対象にしなかったのは違法だとして、広島朝鮮初中高級学校を運営する学校法人広島朝鮮学園および同校卒業生ら109人が原告となり、国に対し不指定処分処分の取り消しや損害賠償を求めた訴訟で、広島高裁は16日、一審の地裁判決を支持し、国の判断を「適法」とする不当判決を下した。これと関連し同日、同校保護者会と原告保護者が連名で声明を発表した。以下、声明全文。

声明

本日の判決を受け、怒りと悲しみがそして期待を裏切られたことに、選ぶ言葉もなく、ただただ心が打ち震えることを禁じえません。

「正直またか!結局日本の政府も司法までもが朝鮮学校を認めたくないし、なんとかして、無くしたいんだ。朝鮮学校が存在することを否定したいだけなんだ」と怒りがこみ上げ残念な気持ちで一杯です。

109名の元生徒と保護者は「高校無償化」の適用を求めて日本国政府を相手に精いっぱい闘ってきましたが、朝鮮学校に通う生徒の学ぶ権利と保護者の願いと期待は広島高等裁判所によって、またもや無残に踏みにじられました。

201381日の地裁提訴、2017719日の不当判決、201881日広島高裁へ控訴、計26回に及ぶ口頭弁論を重ねてきました。

この間、私たちは朝鮮学校の生徒たちだけが高校無償化制度から除外されている許しがたい現実に、どれだけの怒りと悲しみを感じたでしょうか。

そして差別と不条理を必ずや司法の場で糾し、子どもたちの未来が明るいものになることを切に願い必死で闘ってまいりました。

この8年間、歴代卒業生そして現在広島の朝鮮学校の生徒たちは、いわれのない差別と不条理に、悔しく腹立たしい気持ちを感じながらも、私たち保護者や自分たちを支援してくださる多くの方に支えられながら、決してあきらめることなく、前を向いて日本社会の良心と正義を信じて闘ってきました。

勉学やクラブ活動、友だちとの語らいに費やされるはずの青春のかけがえのない時間を犠牲にして、街頭に立ちみずからが声を上げ、差別の解消のため闘い続けてきました。一枚のビラを受け取ってもらうために何度声を張り上げたかわかりません。叫んだ声が届くことだけを信じて何度も声をあげ続けてきました。

私たち原告保護者・学校保護者会は本日の広島朝鮮学園および原告元生徒たちの請求を棄却した広島高等裁判所の判決に強い憤りと怒りを覚えるとともに、この判決を必ずや根本から覆すために、もう一度自らを奮い立たせ、より大きな力と声を結集して諦めず闘うことを決意します。

現在朝鮮学校を取り巻く状況は厳しさを増しています。

広島だけを見ても、高校無償化からの除外に加え、広島県と広島市からのすべての補助金の停止、そして昨年から始まった消費税を財源とする「幼保無償化」からの排除、広島朝高卒業生が多く在籍する朝鮮大学校生のコロナ禍における学生支援緊急給付金支給対象からの排除と、朝鮮学校・ウリハッキョに通うだけで、当たり前の等しい権利から排除されるという、文字通り滅茶苦茶なことが目の前で続いているのです。国や地方行政そして司法による朝鮮学校いじめは、ウリハッキョを直撃しています。園児や生徒数は激減し、広島においてはウリハッキョから日本の学校へやむなく転出する子どもたちが明らかに増え、74年の歴史を誇る朝鮮学校を存続させることができるのか、不安な状態が続いています。

こんなことをどれだけの日本国民、広島県民がご存知でしょうか、そしてこんなことが許されていいのでしょうか?

人権をないがしろにした法律とはいったい何のために存在するのでしょうか。

 朝鮮学校だけを公的助成制度から排除することは、民族教育の権利を否定するばかりでなく、在日朝鮮人は差別をされても然るべき存在であり、ひいては国の意に沿わないものは差別をしてもよいという、悪しき風潮を国が煽ることにほかなりません。

原告保護者・学校保護者会は今回の不当判決に激しい怒りを持って強く抗議します。ただちに上告し最後まで、当然の権利をかちとるまで闘い続けます。

日本に暮らす朝鮮人として堂々と胸をはり、日本と朝鮮の架け橋となる素晴らしい人材を育てている広島朝鮮初中高級学校の永遠のサポーターとして、この闘いに勝利し、子どもたちの未来が明るく輝き楽しく幸せな学校生活が普通に送れる、その日を引き寄せるために一致団結して闘います。

皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

勝利の日まで共に闘いましょう!

20201016

広島朝鮮初中高級学校保護者会 原告保護者