チュチェ思想に学び連帯強化/党創建75周年記念し、東京でセミナー


朝鮮労働党創建75周年を記念し、チュチェ思想と自主・平和のためのセミナー(共催=朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会、金日成・金正日主義研究全国連絡会)が10日、東京・王子の北とぴあで開催された。チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会の日森文尋議長、金日成・金正日主義研究全国連絡会の家正治代表世話人をはじめとする日本各地のチュチェ思想研究者と日本人士、在日同胞らが参加した。また、総聯中央の南昇祐副議長、徐忠彦国際統一局長、朝鮮大学校の韓東成学長が来賓として参加した。

東京で党創建75周年を記念しセミナーが開催された。

第1部ではまず、チュチェ思想国際研究所のラモン・ヒメネス・ロペス理事長をはじめとするアジア、欧州、ラテンアメリカ、アフリカなど世界各国のチュチェ思想研究所の代表、そして金日成花金正日花普及後援会のデヴィ・スカルノ名誉会長から寄せられたビデオメッセージが上映された。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ