助け合いの精神と温もりを/「サラン(愛)の募金運動」開始


高齢者や困難な状況にある同胞を支援するための総聯の2020年度「サラン(愛)の募金運動」が12日から始まった。募集期間は12月12日まで。

新型コロナウイルスの感染拡大により同胞たちの健康は脅かされ、暮らしはかつてない厳しい状況に置かれている。その中で、この募金運動に参加する多くの同胞たちの助け合いの精神とその温もりは、未曽有のコロナ禍で困難は状況にある同胞たちの自立した生活を守るための大切な一助となるはずだ。

集まった募⾦は、⼀⼈暮らしや寝たきりの⾼齢者、障がい児・者、⾃然災害(⽕災含む)、⻑期療養者などの中で、⽣活が苦しく⽀援を要する同胞たちに給付される。

各地の総聯本部、支部、分会を介して参加できる。

(朝鮮新報)