Facebook

SNSで共有

〈魅惑の朝鮮観光〉平壌ー記念碑②/朝鮮革命博物館

2017年3月30日に全面的にリニューアルした朝鮮革命博物館は万寿台の丘に位置する。

1948年8月1日に創立され、金日成主席と金正日総書記の革命史と業績が集大成されたチュチェ思想教育の殿堂。朝鮮革命の発展の全過程を体系的に見ることができる。

朝鮮革命に関する数千点の資料が内容別、時代別に展示されており、「抗日革命闘争時期館」、「祖国解放戦争時期館」、「苦難の行軍、強行軍時期館」、「社会主義強盛国家建設時期館」をはじめとする時代別館と3つの部門別館など約100室に及び、主席と総書記の生涯と業績を歴史的かつ総合的に紹介する数万点の写真、文献、模型などの資料が展示されている。

展示の形式や照明効果も現代化され、当時の歴史的事件などパノラマ画などで再現されている。

リニューアルに際して主席、総書記と革命戦友たちの同志的関係を主題にした「偉大な領袖たちと戦友館」が新設された。

その中には朝鮮総聯の韓徳銖議長、徐萬述議長をはじめとする愛国1世たちの写真、資料、遺物なども展示されている。

また2室で構成されていた「総聯館」は、「海外同胞館」として新設、4室に拡大され、そこに総聯、在中、在米、在露をはじめとする海外同胞組織の歴史と共に展示されている。

「海外同胞館」は総聯に関する資料、展示で基本的に成り立っている。年代別で1号室には海外同胞発生と根源、総聯結成時代まで、2号室には総聯の組織思想的強化と民主主義的民族権利擁護、帰国実現、3号室には総聯のチュチェ思想化実現、4大愛国課業、4号室には在日朝鮮人運動の新たな全盛期開拓に関する資料などが展示されている。

(朝鮮新報)

「魅惑の朝鮮観光」記事一覧