Facebook

SNSで共有

国家科学院咸興分院

国家科学院咸興分院は化学工業部門の総合研究機関だ。創立から60年間、3代にわたり指導者の深い関心と配慮が寄せられている。場所は首都ではなく、平壌から遠く離れた咸鏡南道咸興市にある春夏秋冬

▼金日成主席は人民生活に欠かせない必需品を作り出す化学工業を重視し、すでに建国前の48年6月に化学研究機関を発足させる措置を施した。朝鮮戦争中には勝利する祖国の明日を見越し、科学者たちを安全な場所に移して研究できるようにした。そして60年5月、咸興の隣の興南にチュチェ繊維で有名な2.8ビナロン工場が竣工した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)