Facebook

SNSで共有

“米南ワーキンググループ解体を”/南の3590団体が時局宣言

南のメディアによると、南の3590の市民団体が南政府に対し、米南ワーキンググループの解体、米南合同軍事演習の中断、反北ビラ散布の中断を求める時局宣言を発表した。

南の3590団体が時局宣言を発表した(6.15共同宣言実践京畿中部本部HP)

6.15共同宣言実践南側委員会、民主労総、韓国労総、民衆共同行動、進歩連帯などの市民社会団体で結成された「8.15民族自主大会推進委員会(8.15推進委)」では、7月1日の発足に際して、各界の市民団体に向け、南北関係の危機克服のための時局宣言を行うよう提案した。これに呼応する形で、7月中、各地域の3590団体と22374人の個人から時局宣言が発表された。

8.15推進委のキム・ギョンミン常任代表は、この数字について「南北関係の危機克服と朝鮮半島の平和を願う市民の意志が示された」とその意義を強調した。

8.15推進委は、7月25日、ソウルで記者会見を行い、非常時局宣言を発表。8月15日に向けた活動計画を明かした。同委は今後、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)