〈本の紹介〉ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー/ブレイディみかこ著


誰かの靴を履いてみること

本体=1350円+税。新潮社。03-3266-5111。

「『老人はすべてを信じる。中年はすべてを疑う。青年はすべてを知っている』と言ったのはオスカー・ワイルドだが、これに付け加えるなら、『子どもはすべてにぶち当たる』になるだろうか」

これは本書の序文で著者がつづった言葉だ。

本書は、イギリス在住歴20年以上の著者が息子やその友人たちの中学校生活を記録したノンフィクション。

「物語」は、イギリス・ブライトン市の学校ランキングで1位を誇る公立カトリック小学校を卒業した息子が「元・底辺中学校」に進学するところから始まる。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ