“平和・統一に向け共同行動を”/ソウルで8・15民族自主大会


南朝鮮のインターネットメディア・統一ニュースによれば、「光復75周年8・15民族自主大会」が15日、ソウルで行われ、民族自主精神に基づく北南共同宣言の履行、主権と平和・統一の実現に向けた全民族の共同行動を積極的に展開することを呼びかけた(写真、統一ニュース)。

大会では、6.15共同宣言実践南側委員会の李昌馥常任代表議長が開会の辞を述べ、「南北間に貴重な出会いと結実が生まれても約束を守る意志、冷戦勢力の妨害を克服する決断なしには一歩も前進できないということをこんにちの現実が示している」としながら、「南政府は、米国との立場が違っても北側と交わした約束、課題については、果敢に実践に移さなければならない」と主張した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ