再侵略狙う日本の武力増強/朝鮮中央通信が非難


朝鮮中央通信は、23日、日本の武力増強に関する記事を配信した。日本政府が、F35ステルス戦闘機約100機とそれに装着する巡行ミサイルを他国から搬入し、次世代戦闘機と弾道を更新させながら目標を打撃することのできる超音速ミサイルの開発に熱をあげている事例をあげ、「日本が追求する兵器システムは明白に、遠距離攻撃手段として憲法に明記された『専守防衛』の原則に抵触する侵略戦争装備である」と指摘した。

論評は、安倍政権の発足後、

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ