〈人・サラム・HUMAN〉朝鮮卓球界注目のホープ/キム・ジヌさん(9)


史上最年少で全国大会優勝

キム・ジヌさん

昨年の第13回全国小学校体育学級競技大会に初出場し、優勝した。8歳児(当時)の優勝は、大会史上初の快挙。平壌市船橋区域南新小学校に通う。

躍進劇は続いた。後に、平壌市で開催された年間体育学級教授訓練判定競技でも、3歳上の上級生たちを相手に全勝を収める。

強さの秘訣は、胆の据わった試合運びと強靭なメンタルにある。チェ・ヨンヒ指導教員(49)は、「試合時のメンタル調整は、技術とともに勝敗を大きく左右する要素。ジヌは、決勝戦で7対10で押されている状況でも、競技リズムを乱すことなく、優勝にこぎつけることのできる強いマインドの持ち主」と太鼓判を押す。

卓球を本格的に始めたのは、小学校のクラブ活動。「他の児童たちよりも、毎日2時間多く練習し、千回の反復練習をやりきって帰宅していた」(チェ教員)。両親の手厚い応援もあり、帰宅後も自宅の卓球台で自主練に励んだ。

特技は、

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ