Facebook

SNSで共有

“破廉恥な歴史わい曲行為”/朝鮮中央通信社論評

産業遺産情報センター公開で

日本政府が6月15日に公開した「産業遺産情報センター」(新宿区)内に、端島(軍艦島)での朝鮮人強制労働を否定する資料を展示したことを受け、朝鮮中央通信社は1日、論評を発表し、「破廉恥な歴史わい曲行為であり、朝鮮民族と国際社会に対する我慢できない冒とく行為、反人倫的犯罪だ」と強く非難した。

2015年の世界遺産登録の際に日本政府は、強制労働の犠牲者を記憶するための情報センターを設置することを約束していた。しかし、情報センターでは、当初の約束とは異なり、朝鮮半島出身の徴用工らが強制労働に苦しみ、差別を受けた歴史的事実を否定する内容の証言と資料が展示された。

論評は、「端島炭鉱と言えば、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)