〈幼保無償化〉茨城、群馬、栃木、福島から要請団/関係府省へ要望書と署名提出【1報】


14日、茨城、群馬、栃木、福島の朝鮮学校関係者や日本市民ら16人が衆議院第2議員会館(東京都千代田区)を訪れ、内閣府、文部科学省、厚生労働省に対し要請を行った。

幼児教育・保育の無償化制度から朝鮮幼稚園など各種学校認可の幼保施設が除外されている問題と関連し、先月以降、各地からの要請が続くなか、14日に茨城、群馬、栃木、福島の朝鮮学校関係者や日本市民ら16人が衆議院第2議員会館(東京都千代田区)を訪れ、内閣府、文部科学省、厚生労働省に対し要請を行った。

要請には、紹介議員として立憲民主党・堀越啓仁衆議院議員が同席。各府省の職員が応対した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ