Facebook

SNSで共有

米国の内政干渉に「NO」を/民主労総が記者会見

南のメディアによると民主労総は23日、記者会見を開き、「現在、南北関係が破局に陥っている原因は、反北ビラ散布だけでなく、文在寅政府が南北の合意事項を履行しなかったためである」とし、南政府に対し、「米国の顔色を伺うのではなく、南北合意を即時実践するべきだ」と要請した。

民主労総が「韓米ワーキンググループ」解体を求め記者会見を行った(統一ニュース)

参加者たちは記者会見文を通じて、「さらなる南北関係の破綻を防ぎ、南北共同宣言を履行するためには米国の内政干渉に断固とした『NO』を突き付けるべきだ」とし、その始まりが「韓米ワーキンググループ」の解体宣言であると指摘した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)