Facebook

SNSで共有

米国務長官の中国共産党批判を非難/朝鮮労働党国際部代弁人談話

労働新聞4日付によると、朝鮮労働党国際部の代弁人は3日、談話を発表し、ポンペオ米国務長官が5月31日に米メディアのインタビューで、中国を現存する脅威と規定して中国の脅威は共産党の理念から来るなどと発言したことを取り上げ、「看過できないのは社会主義を導く中国共産党の指導に悪らつに言い掛かりをつけたことだ」と非難した。

談話は、「ポンペオが、共産党が導く社会主義を西側式理想と民主主義、価値観を破壊する独裁と罵倒しながら

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)