Facebook

SNSで共有

ビラ散布で南当局に警告/金与正第1副部長が談話

“自ら災いを招くな”

朝鮮労働党中央委員会の金与正第1副部長が4日、「脱北者」が前線一帯で反朝鮮ビラ散布を強行したことと関連し、事態の重大さを警告する談話を発表した。「自ら災いを招くな」と題する談話は、南朝鮮当局に対して「相応の措置を取らないなら、それが金剛山観光の廃止に続いて開城工業地区の完全撤去になるか、北南共同連絡事務所の閉鎖になるか、北南軍事合意の破棄になるか十分に覚悟すべきだ」と警告した。

談話は、5月31日に「脱北者」らが前線一帯で、朝鮮の最高尊厳を非難し、「核問題」に言いがかりをつける数十万枚の反朝鮮ビラを北側に飛ばしたことに触れ、「最も不適切な時期を選んで、最も卑劣な方式で『核問題』に言い掛かりをつけてわれわれに対する誹謗・中傷をはばかることなく行った」と非難した。

談話は、軍事境界線一帯でビラ散布などの敵対行為を禁止することにした板門店宣言と軍事合意書の条項について触れ、「北南間に

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)