Facebook

SNSで共有

「臨月の被害者」収めた映像公開/南のメディアが発見

南朝鮮の韓国放送(KBS)は、太平洋戦争中の1944年9月に中国雲南省松山で朝鮮人の日本軍性奴隷制被害者が米中連合軍に救出される場面を撮った貴重な映像を米国立公文書記録管理局(NARA)で発見し、5月28日に公開した。この映像には「臨月の性奴隷制被害者」写真の人物として知られる故朴永心さんの姿もある。これまで被害者に関する文書と写真資料は発見されていたが、映像は珍しく、史料価値が高い。

「臨月の性奴隷制被害者」として知られる写真(左)。KBSが発見した映像の中の被害者(右)は写真の女性と同一人物で、故朴永心さんと確認された

KBSが発見し公開した映像は、朴さんら一行が米中連合軍に発見される状況を収録したもので、時間は54秒。KBSは「映像が撮影されたのは44年9月7日と推定される。米中連合軍と日本軍との中国雲南省松山での100日間の戦闘の末、日本軍の陣地が陥落した日」と説明した。当時、陣地に残っていた日本軍のほとんどは自決し、その後、慰安所に残っていた被害者たちが脱出して、連合軍に発見されたという。

朴さんは2000年に、「臨月の性奴隷制被害者」写真の人物が自分であることを明かし、朝鮮で日本軍の蛮行を告発する先頭に立った。06年に平壌で亡くなった。映像の中の朴さんは当時22歳と推定され、妊娠してお腹が大きくなっていることが確認できる。

性奴隷被害者が死去/生存者17人

日本軍性奴隷制被害者が共同生活する施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)