Facebook

SNSで共有

米国が主張する「サイバー攻撃」関与を否定/国家調停委員会代弁人が談話

「朝鮮の資金洗浄およびテロ資金支援防止のための国家調停委員会」の代弁人が5月28日、談話を発表し、朝鮮は米国が主張する「サイバー攻撃」とは関わりがないと強調した。

談話は、最近米国が朝鮮の「サイバー攻撃」について前例なく騒いでいることに触れ、ここには核とミサイル、人権、テロ支援、資金洗浄などとともに「サイバー攻撃」という新たな案件を持ち出して、朝鮮の国家像を曇らせ、揺さぶる隙を作ろうという米国の下心があると指摘した。

談話は、これまで米国が朝鮮と関わりがあるとしたサイバー攻撃事件は、

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)