Facebook

SNSで共有

〈幼保無償化〉法律に則らない制度“違法行為” /市議や市民団体も異を唱える

25日に行われた東京・西東京地域の朝鮮幼稚園関係者による要請活動

たくさんの関係者が足を運ぶなか、市議や日本の市民団体も駆けつけ共に声をあげた。

参加した上村和子・国立市議は、同市における朝鮮学校保護者への補助金継続に尽力してきた一人。国立市では昨年、国による幼保無償化を受けて、対象外と判明した朝鮮幼稚園を含め外国人学校幼稚部に通う市内在住の保護者にも、保護者補助金の支給を決めている。

上村和子・国立市議

そのきっかけとなったのが、幼保無償化を求める運動を通じ、保護者らが市に対し要請を行い、国立市長が西東京第1幼稚園を訪問したことにあった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)