Facebook

SNSで共有

〈金正恩委員長の活動・2020年5月〉正面突破戦、“最初の成果”

リン酸肥料工場竣工式に参席

金正恩委員長の指導の下、農業生産の要として建設工事が急ピッチで進められてきた順川リン酸肥料工場が5月、竣工した。委員長は1日に行われた竣工式に参席し、工場の完工は朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会(2019年12月28~31日)後に収めた最初の成果であり、化学工業を一段階飛躍させるうえで重要な契機になるとその意義を強調した(2日発朝鮮中央通信)。

順川リン酸肥料工場の竣工式でテープカットを行う金正恩委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

穀物増産に突破口

平安南道の広大な敷地に建つ順川リン酸肥料工場は、国内の原料と技術に基づくリン酸アンモニウム肥料の量産拠点として、2017年7月に着工された。工場建設は、「化学工業発展で新しい分野の開拓に比肩する壮大な創造大戦」(労働新聞)だった。

しかし建設初期にはさまざまな理由によって建設は不振状態にあった。工場の実情を具体的に了解した金正恩委員長は、「リン酸肥料工場を朝鮮式に完璧に建設するための大胆でスケールが大きい作戦」(5月1日朝鮮中央通信社報道)を展開。建設工事はその後、2019年3月から本格的に進められてきた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)