Facebook

SNSで共有

〈同胞飲食店を応援しよう!〉料理に加え、「情」もお届け/ニーズに沿った活動を

コロナウィルス感染拡大によって被害を被っている各地の同胞飲食店の中には、テイクアウトやデリバリーサービスを導入する店舗が増えている。そんな飲食店を応援するために、各地で新たな取り組みが行われている。

ニーズに沿った活動を

朝青京都はテイクアウトメニューを作成する取り組みを行っている。

テイクアウトを始めたいけど、新しいメニュー表の作成に手間がかかる。と、悩んでいる京都の同胞飲食店に朗報だ。朝青京都では現在、無料でテイクアウトメニューを作成する活動を行っている。さらに、SNSを通じた宣伝活動にも取り組んでいる。

朝青京都はこれまでに、鉄板焼き屋、ラーメン屋、たこ焼き屋などの同胞飲食店から依頼を受け、それぞれのニーズに沿ったメニューを作成。事業主たちから好評を得ている。

一方、テイクアウトを導入してみたが、来店客が増えないという同胞飲食店もあるのではないか。そんな困りごとを解決するために、デリバリーサービスを代行する試みも始まった。

宮城県では青商会と朝青が中心となり、同胞飲食店のピビンパを配達する「ピビンパプロジェクト」が展開されている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)