Facebook

SNSで共有

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 22〉疎外の自覚、そして加害の自覚を/安部公房 3

2016年に発売された「あの頃映画松竹DVDコレクション 壁あつき部屋」のパッケージ画像

「けものたちは故郷をめざす」(1957)のラスト、敗戦後中国から引揚げ日本上陸を目前にしながらも、朝鮮人高石塔とともに密輸船の船倉に監禁された主人公久三は、脳裏で次のようにつぶやく。「もしかすると、日本なんて、どこにもないのかもしれないな……おれが歩くと、荒野も一緒に歩きだす。日本はどんどん逃げていってしまうのだ……」。安部公房はそのようにして、「本物の日本人」ではない、「外地」・植民地出身者を拒む「戦後」日本の姿をあぶりだした。ひるがえってこんにち、新型コロナ禍のもたらす事態のさなかで、あくまでも都合の悪い「外部」、他者、非日本を拒絶、遮断、排撃しながらいっそう自閉していくこの国の内部では、ウイルスそのものよりも恐ろしい病理、矛盾、腐敗がどんどん噴出している。ナルシスティックに理想化され自己完結する「美しい国」など「どこにもない」のだ。いくら虚像を追い求めても、「日本はどんどん逃げていってしまうのだ」。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)