Facebook

SNSで共有

「創作活動に偉大な足跡を刻む」/画家の朴正文氏がバイヤーズ・ガイドジャパンにて3年連続受賞

朝鮮民主主義人民共和国功勲芸術家で画家の朴正文さん(文芸同中央委員、新極美術協会副会長・審査委員)の作品が、世界に向けた画廊と芸術家のための年鑑「バイヤーズ・ガイド2020」にて表彰され、21世紀国際派アーティスト「ル・メイユール〈最高峰〉芸術賞」を受賞した。

バイヤーズガイド2020で朴正文さんの絵が表彰された

表彰された作品は、油彩画「高麗三神仏の舞―願い」。本作品は、朴正文さんが以前に金剛山歌劇団の公演で観覧した群舞「高麗三神仏の舞」にフィーリングを受けて描いたという。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)