Facebook

SNSで共有

脳血管障害による後遺症について伝えたいこと/同胞社会と祖国を愛する2世同胞の事例から

1970年代まで脳血管障害は死亡原因のトップだったが、医療技術の発展、急性期リハビリテーションの開始とともに、今では多くの人たちが脳血管疾患にかかっても命を落とすことがなくなったといわれている。脳血管障害には脳出血やくも膜下出血、脳梗塞があり、一般的に「脳卒中」、高齢者からは「中気」と呼ばれている。

多くの罹患者たちは脳血管疾患により、半身不随(片麻痺)や言語障害、感情失行などの後遺症を「障害」として受容しながら生活している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)