Facebook

SNSで共有

正義連めぐる「疑惑」を悪用/やまぬ保守勢力の攻撃

南朝鮮の市民団体・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(以下、正義連)をめぐって南朝鮮の政界、言論界で激しい論争が起こっている。保守系の野党とメディアは、日本軍性奴隷制被害者の記者会見に触発された「疑惑」を悪用し、性奴隷制問題解決をめざす運動の意味をも傷つける執拗で悪質な攻撃を繰り返している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)