万能型のテコンドー名手、世界選手権4度目の優勝へ/パク・ミヒャン選手


第22回ITF(国際テコンドー連盟)テコンドー世界選手権大会(2021年9月、フィンランド ※隔年開催)を来年に控え、朝鮮の選手らがトレーニングを強化している。なかでも同大会で3度優勝した記録を持ち、4度目の優勝がかかるパク・ミヒャン選手(人民体育人、平壌市テコンドー選手団)の大会への意気込みは高い。

得意の蹴り技を披露するパク・ミヒャン選手

強さの秘訣は蹴り技

パク選手は2013、17、19年の世界選手権を制覇。他の追随を許さない確固たる強さの秘訣は、蹴り技にある。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ