“朝鮮人として生きた証、実感伝えたい”/裴奉奇さんとの思い出、インタビュー映像で


性差別撤廃部会の4.23アクション

在日本朝鮮人人権協会の性差別撤廃部会が4月23日、日本軍性奴隷制被害者の裴奉奇さん(1991年死去)と共に過ごした金賢玉さん(77、元総聯沖縄県本部活動家)のインタビュー映像をオンライン公開した。現在の沖縄を舞台に、金さんがゆかりの地を訪ねながら裴さんとの思い出を肉声で語る貴重な証言映像となっている。

裴奉奇さんの自宅跡地で思い出を語る金賢玉さん(「ゆかりの地訪問編」より)

「沖縄の総聯活動家として裴奉奇さんに出会って」と題した映像は、同部会が2015年から毎年開催してきた4・23アクションの6周年を記念し、新たに撮影・編集したもの。同部会では、沖縄で日本軍の性奴隷を強いられた裴奉奇さんの証言が本紙に初めて掲載された4月23日(77年)に際して、裴さんの存在とすべての性奴隷被害者を記憶するための様々な試みを行ってきた。学術交流、映画上映会や芝居、北南・海外をつなぐ統一旗の制作などといった多彩なアプローチで、在日同胞社会はもとより日本社会に向けて日本軍性奴隷制問題の再考を促してきた。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、当初予定した集会を延期し、集会のために制作した新映像のみをオンライン公開した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ