Facebook

SNSで共有

朝鮮に春到来、7~15日早く

労働新聞3月23日付は、ピンク色の花が開花した平壌市内の写真を掲載しながら、朝鮮で今年、例年よりも早く春が到来したと伝えた。

平壌に春が到来した(労働新聞)

同紙によれば、春の開始とは、1日の平均気温が0度以上であり、安定的に気温が上がり始める時期を指す。平壌市などの西海岸地域では2月18~21日、東海岸の中部以南地域では2月7~8日に春が到来した。これは、例年に比べ7~15日早い。

また、同紙は今年の気候の特徴として

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)