Facebook

SNSで共有

“総選挙で親日政治家を審判”/安倍糾弾市民行動、候補者の検証を実施

南のメディアによると、4月15日に行われる第21代総選挙を控え、17日、日本の歴史歪曲を糾弾する700の市民団体からなる安倍糾弾市民行動が記者会見を開き、総選挙の候補選択の基準が「親日清算」であるとしながら、親日清算4大立法および強制動員賠償判決に関する各候補の立場を問う公開質疑と候補検証を行う計画を発表した。

安倍糾弾市民行動が記者会見を行った(統一ニュース)

記者会見文によれば、安倍糾弾市民行動では、総選挙に出馬するすべての候補者に公開質疑書を送付する。質疑書は

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)