Facebook

SNSで共有

“出会う・学ぶ・ともに”/神奈川・第4回朝鮮学校交流ツアー

横浜初級で

「かながわの朝鮮学校交流ツアー2020in YOKOHAMA」が2月15日に横浜初級で行われ、神奈川県在住の日本市民ら約170人でにぎわった。ツアーは県内14の朝鮮学校支援団体や市民団体、教職員組合などが共同で実行委を組み、開催された。

神奈川で第4回朝鮮学校交流ツアーが行われた(写真は横浜初級児童らによる公演)

神奈川県の市民らに朝鮮学校の存在を広く知らせ、民族教育への理解を深め、多文化共生社会を実現するきっかけにすることを目的に17年から開催されている朝鮮学校交流ツアーはことしで4回目。「만나며 배우며 더불어」(出会う・学ぶ・ともに)をテーマとし、県内の朝鮮学校を会場に行われている。横浜初級が会場となるのは隣接する神奈川中高との共催となった18年以来、2回目となった。

この日のツアーではまず、学校の公開授業が行われ、参加者たちが教室や校内を見て回った。その後、体育館で横浜初級児童らの公演、元サッカー朝鮮代表の安英学さんのトークショー、参加者らによるグループトークなどの多彩な企画が催された。また会場内には朝鮮文化体験コーナーや教科書展示ブースが設けられ、参加者らは朝鮮の文化に親しみ、民族教育への理解を深めた。

実行委の高木克明事務局長(61)はツアー開催に尽力した学校関係者やスタッフらに謝意を表し「はじめての参加者も多く、より広範な市民らに朝鮮学校の存在を知ってもらえたと思う。今後もツアーを継続的に開催していきたい」と話した。

(根)

関連記事

「知ること」からはじめよう/神奈川・朝鮮学校交流ツアー