Facebook

SNSで共有

〈続・歴史×状況×言葉・朝鮮植民地支配と日本文学 20〉朝鮮支配の「制服」をまとった者/安部公房 1

安部公房全集4(新潮社 1997)。「制服」が収録されている

元旦に放映されたNHK・Eテレのスペシャル番組「100分deナショナリズム」にて、漫画家のヤマザキマリさんが安部公房の小説「方舟さくら丸」(1984年)を紹介していて、にわかに話題となった。放送後Amazonの文芸部門でこの作品が売り上げ1位になったそうだが、司会の稲垣吾郎や他の論者はともかく、この作品についての紹介を興味深く観た。選民と排除の思想からなるナショナリズムや、その虚偽性(「サクラ=偽物」)、「ほうき隊」と呼ばれる排除集団の恐ろしさなど、現在の日本社会の有り様が、なるほど透けて見える。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)