Facebook

SNSで共有

公的差別の歴史・政治的背景を議論/シンポ「差別・憎しみ・表現の自由」

シンポジウム「差別・憎しみ・表現の自由」が14日に行われた

ICU社会科学研究所が主催するシンポジウム「差別・憎しみ・表現の自由」が14日、東京都三鷹市の国際基督教大学で開催された。シンポでは、在日本朝鮮人人権協会の宋恵淑さんや京都第1初級襲撃事件、東京無償化裁判弁護団の康仙華弁護士などがパネリストとして登壇し、日本社会でいまなお続く朝鮮学校への差別や偏見の解消を訴えた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)