Facebook

SNSで共有

卓球朝鮮女子代表、東京五輪団体戦の出場権獲得

最終予選で南朝鮮に勝利

朝鮮の卓球女子代表チームが、ポルトガルのゴマンドルで開催された国際卓球連盟(ITTF)東京五輪団体戦の世界最終予選(22~26日)に出場。23日、南朝鮮に3-1で勝利し、2020年東京五輪の卓球団体戦出場権を手に入れた。

朝鮮卓球女子代表チーム(写真はいずれも国際卓球連盟HP)

東京五輪の卓球団体戦の出場枠は男女ともに16チーム。最終予選には、男子34チーム、女子30チームが参加し、各大陸予選からの6枠と開催国の1枠(日本)を除く、残りの9枠を争った。予選は、トーナメント戦で行われ、ベスト8に入れば出場権が確定する。卓球団体戦は、5試合を戦い、先に3試合を取ったチームが勝利となる。4試合のシングルス戦と1試合のダブルス戦の計5試合で争われる。

チャ・ヒョシム、キム・ソンイ、キム・ナムへ、ピョン・ソンギョン選手で構成された朝鮮女子代表は、22日の初戦で

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)