〈幼保無償化〉「保護者負担の緩和を」/兵庫・伊丹市長に要望書提出


幼保無償化問題と関連し、総聯兵庫・伊丹支部の金炳潤委員長、伊丹初級の金幸一校長、兵庫朝鮮学園の金錫孝理事長をはじめとする学校関係者たちが11月11日、伊丹市役所で藤原保幸市長に対し救済措置を求める要請を行った。

市長に要望書を手渡した

この要請に、日朝友好促進伊丹市議会議員連盟の山本恭子会長(公明党)、保田憲司副会長(立憲民主党)、大津留求事務局長(社民党)、岸田真佐人議員(立憲民主党)が同席した。

要請では、藤原保幸市長自身が応対した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ