Facebook

SNSで共有

高麗第2代王の墓を発掘、玄室の規模は最大/開城市で

22日発朝鮮中央通信によると、最近、開城市で高麗第2代王・恵宗の墓が発掘された(写真、朝鮮通信=朝鮮中央通信)。民族遺産保護局傘下の朝鮮民族遺産保存社と社会科学院考古学研究所の科学者たちが、松都師範大学の教師、学生と共に発掘、考証した。

通信によると、墓は開城市龍興洞地域にある松都貯水池の北辺の山の稜線にある。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)