大阪はじめ各地で声明発表/最高裁の不当な決定に抗議


東京朝鮮高校生「高校無償化」国賠訴訟および大阪朝鮮学園「高校無償化」不指定処分取り消し、指定義務付け訴訟の上告を棄却した最高裁判決を受け、「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」(8月29日)、大阪府オモニ連絡会(8月30日)、大阪朝鮮学園(9月2日)、高等学校等就学支援金支給校指定義務付等請求事件弁護団(=「高校無償化」訴訟大阪弁護団、9月2日)が相次いで声明を発表した。

大阪以外でも「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」(8月31日)、「千葉朝鮮学校を支える県民ネットワーク(千葉ハッキョの会)」(9月5日)など各団体も声明を発表した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ