Facebook

SNSで共有

朝・日友好に捧げた生涯称える/小笠原美都子さん偲ぶ会、大阪で

日朝音楽芸術交流会名誉会長で朝鮮の親善勲章1級を受賞し、今年7月に享年100歳で亡くなった歌手の小笠原美都子さんを偲ぶ会が9月7日、大阪市のアウィーナ大阪で行われた。

関係者たちが小笠原さんの代表曲などを披露した

総聯大阪府本部の夫永旭委員長をはじめとする同胞や、日朝音楽芸術交流会の池辺幸惠会長など日本の関係者ら約140人が参加した。

式ではまず、池辺幸惠会長があいさつした。

池辺会長は「先生が亡くなったことがまだ信じられない」としながら、「『偲ぶ会』の準備をしながら、小笠原美都子先生がどれだけ素晴らしい、偉大な方だったかをひしひしと感じた」とその死を惜しんだ。その上で「少しでも会を広げていけるような活動ができれば」と決意を述べた。

黙とうが捧げられた後、朝鮮の朝鮮芸術交流協会、チュチェ思想国際研究所の尾上健一事務局長から送られてきたメッセ―ジが紹介された。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)