Facebook

SNSで共有

9月平壌共同宣言1周年/6.15日本地域委が主催し記念集会

民族自主で北南宣言履行を

9月平壌共同宣言発表1周年に際した記念集会(主催=6.15共同宣言実践日本地域委員会)が19日、東京の文京区民センターで行われ、6.15海外側委員会委員長(日本地域委員会議長)の孫亨根・在日韓国民主統一連合議長、総聯中央の徐忠彦国際統一局長、在日朝鮮人平和統一協会(平統協)の李東済会長をはじめとする6.15日本地域委員会メンバーら、関東地方の在日同胞らが参加した。

9月平壌共同宣言発表1周年を記念した集会が行われた

記念集会ではまず孫亨根議長があいさつした。孫議長は、1年前、歴史的な宣言が発表されたにも関わらず南北関係が膠着状態に陥っている今、民族自主の原則に則って南北宣言を履行することが何よりも重要だとし、集会の参加者らが宣言履行の先駆者であるという自負心を持って、祖国統一の新たな歴史を刻む運動において先頭に立つことを確信すると述べた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)